30分で出来る!!おすすめ!甘いカスリメティー香るサバとニンジンのカレー

30分で出来る!!おすすめ!甘いカスリメティー香るサバとニンジンのカレー

サバとニンジンのカスリメティのカレー

前回の記事 「フェヌグリーク(カスリメティ)あなたもその魅惑の香りの虜になる。フェヌグリークのおすすめ理由」の続き「サバとニンジンのカスリメティのカレー」レシピです☆

フェヌグリーク(カスリメティ)あなたもその魅惑の香りの虜になる。フェヌグリークのおすすめ理由

 

カスリメティ(フェヌグリークリーフ)

フェヌグリークパウダー

フェヌグリークシード

サバとニンジンのカスリメティのカレー:材料

ニンジン 中1本

玉ねぎ 中1個

サバ(骨取りの切り身)2個

カスリメティ 大さじ3

カスリメティ(サバの切り身の臭い消し用、適量。フェヌグリークでも良い)

レッドチリ 小さじ(5ml)2

ターメリック 小さじ(5ml)1

ニンニク 一片(すりおろし)

サラダ油 大さじ3

トマトピューレ(トマトジュースでも良い) 大さじ4か5

塩 小さじ(5ml)2

ミルク(豆乳を推奨) 100㏄

水 大さじ4

お湯 400㏄

サバとニンジンのカスリメティのカレー:手順

 

1.サバの切り身にカスリメティかフェヌグリークを適量振りかけ4均等ぐらいに切って置いておく。全体にまんべんなくかかるぐらいが良い。

2.ニンジンを切る。厚さ1㎜ほどのイチョウ切り

3.玉ねぎを切る。みじん切りか半輪切り

4.ニンニクを擦りおろす。

5.深めのフライパンか鍋に サラダ油大さじ3 を入れて火(中火)にかける。

6.温まってきたら玉ねぎを入れて炒める 中火2分

7.ニンジンを入れて1分ほど炒め、水大さじ4 を加える。 弱火

8.フタをしてニンジンを柔らかくするため、蒸す。弱火2分

9.ニンニクを加える

10.サバを加え、炒める 中火1から2分

11.レッドチリ 小さじ2 ターメリック 小さじ1 と水 大さじ4 を入れて 弱火1分

12.トマトピューレ 大さじ4から5 を入れ一旦火を止め、かき混ぜてから 弱火にして10秒

13.ミルク 100㏄ を入れ軽く煮立たせる。 強火30秒

14.カスリメティ 大さじ3 を入れ、全体的に均一ににまんべんなく馴染ませる。 弱火30秒

15.水 400㏄ を入れてかき混ぜ煮立たせる 強火1分

16.塩 小さじ2(要調整) を入れ 全体的に均一ににまんべんなく馴染ませて出来上がり! 弱火1分

調理のコツ

1.サバの生臭さをとるためにしっかりとカスリメティかフェヌグリークをふりかけ、放置しておきましょう。

 

2.ニンジンは薄く切って火が通りやすなるようにしましょう。

3.玉ねぎは本来のスパイスカレーでは茶色、アメ色になるまでじっくり炒めるのが王道なのですが、それではとても時間がかかってしまいますのである程度しなってくるまで炒めれば大丈夫です。

 

まとめ

スパイスカレーでは人気のスパイス(レッドチリ、ターメリック、クミン、ガーリック、ジンジャーなど)に比べフェヌグリークやカスリメティは認知度が低いと思いますが、このレシピみたいにふんだんに特集して使ってみれば良さが分かってくるかと思います。
火を通すとふわーんと甘い香りが広がるんですが、なるほど古代のエジプト方ではお香として使用されていたということも納得!!
不眠や食欲不振、ダイエット、ストレス解消にも良いと言われているので嬉しい限りです。

魚はあきたので次は豆(ダル)のスパイスカレーにでもしてみよう。そのときはまたレシピ挙げますので乞うご期待☆

毎度ながらスパイスカレー作りで愛用しているセラミックコーティングがされていて、焦げついても貼りつかず熱伝導率が高く素早い調理ができる京セラのセラブリッドのフライパンが調子良い! 私が使っている28㎝の大サイズは大きくて容量たっぷりで軽くて使いやすいのでおすすめです☆

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Subscribe / Share