やっぱり外食カレーといえばココイチ!みんな大好きCoCo壱番屋カレーの入店記録をまとめてみた☆

やっぱり外食カレーといえばココイチ!みんな大好きCoCo壱番屋カレーの入店記録をまとめてみた☆

日本の外食カレーといえばココイチ

カレー大好きな皆さん、今宵もあなたのカレー人生をエンジョイされておりますか?

さて今回は日本の外食カレーといえばココイチことCoCo壱番屋カレーということで、

私のこれまでにココイチに行って記録できた画像などがありますので、ここで紹介して行きたいと思います。

そもそもCoCo壱番屋とは

カレー好きな皆さんが日々ありふれた日常の一コマのようにカレーを食べるために来店するであろう、CoCo壱番屋。

ココイチの店舗数は日本国内に1265店、海外にも147店!あり、日本のカレーのレストランチェーンとして物凄い店舗数です。

カレーは一食、約600円〜1000円の価格帯のものを提供し、トッピングでは揚げ物からポ

テトサラダ、チーズ、サイドメニューではサラダやフライドポテト、アイスクリームなどがあります。

ライスの量やカレーソースの量を追加したり、カレーの辛さも選ぶことができ、甘口や普通そして1辛〜10辛まであります!!!

他にもカレーの甘さを選ぶことができ、1甘〜5甘までありますが、この甘さを選べるというシステムはココイチ以外、対応しているレストランはおそらく無いでしょう☆

今となっては日本で一番有名なカレー専門のビッグチェーンのレストランの会社ですが、

そんなココイチにも歴史があり、始まりは小さな飲食店でした。

ココイチは最初は喫茶店から始まった

カレーハウスCoCo壱番屋の始まりは、1974年に創業者である宗次徳二・直美夫妻が名古

屋市にて、開店した喫茶店「バッカス」の人気メニューであったカレーライスがきっかけで

カレー専門店を開店したことが始まりであったそうです。

ココイチの第一号店は現在は愛知県清須市である愛知県の旧:西春日井郡西枇杷島町に創業された西枇杷島店でした。


ココイチの創業者

創業者である宗次徳二氏は幼い時から波乱万丈の生涯でした。

実の両親が不明で孤児として施設に預けられ、その後は宗次家の養子として迎えられたが、

養父がギャンブルにハマり競輪により破産し養母が離れたことにより、幼少時代から貧困生活を強いられたそうです。

そのため、「幼い時に養父とともに住む家がない時は空き家を転々と渡り歩いた」という話や「電気やガスを止められた生活を送った」等、

現在も栄華を誇るCoCo壱番屋の創業者がそのような人生を送っていた時期があったとは、

普段何気なくココイチを利用している人々にとってはなかなか想像がつかないでしょう。

人生のターニングポイント

そんな宗次徳二氏の人生のターニングポイントは開業した喫茶店で出していた

カレーライスであり、そのカレーライスは奥様である宗次直美氏が調理していたものでした。

そのカレーライスを基にカレーライス専門のレストランチェーンを確率し、今現在に至るココイチ。

その時の宗次夫妻夫妻の英断が開花しました。


私のココイチ入店記録

さてそれでは私の今までココイチへ行った記録を紹介していきます。

正直、正確な回数はおぼえていませんが、出来るだけ撮れた画像記録を挙げていきたいと思います。

辛さは全て普通です笑

  1. チキンカツカレー 737円(税込795円)

1.チキンカツカレー

定番のチキンカツカレー。「ココイチ版日本のカレー」にチキンカツが合う☆

大衆受けする定番の品は大切です!!!

 

 2. トマトアスパラカレー 659円(税込711円)

トマトの酸味とアスパラガスが合う!!
アスパラガスがカレーに合うということを知らなかった人にオススメ☆

 

   3. チキンカツ乗せ野菜カレー 967円(税込1044円)

じゃがいもゴロゴロ野菜カレーにチキンカツをトッピングした贅沢な一品☆

 

 

   4. ハンバーグ乗せトマトアスパラ草カレー 917円(税込990円)

酸味のあるトマトとアスパラガスのカレーにハンバーグをトッピング☆

 

   5. ささみカツカレーのタルタルソースとピクルス付き 961円(税込1038円)

ささみカツカレーはタルタルソースとピクルスの酸味が絶妙に絡まっていて美味い!

 

 6. 野菜カレーフィッシュフライトッピング 税込885円

じゃがいもゴロゴロ野菜カレーに、私の大好きなフィッシュフライをトッピング☆

 

 7. 絶品スパイスカレーTHEローストチキン 税抜882円(税込952円)

 8. 絶品スパイスカレーチキベジ 税抜882円(税込952円)

7と8の絶品スパイスカレーとは、スパイスに重点をおいたカレーです。

最初からカルダモン、クミン、パセリ、ブラックペッパー、レッドチリペッパーが加えられています!!

そして、後がけ特製スパイスが付いています。

カレーはそもそもカレー粉にスパイスが使用されているわけですが、そこにあえて5種類の

スパイスを特集し加えることで、香りと風味が強化され豊かになっています。スパイスカレー好きの私にとっては嬉しい限りでした☆

8の「チキンベジ」というバージョンは夏だったこともあり、オクラやトマトなどの夏野菜が目立ってました☆

 

 9. 麻婆豆腐オムレツカレー(ココイチ台湾)約300台湾ドル(約1072円2019年9月)

 
台湾の台北市のココイチで食べた「麻婆豆腐オムレツカレー」

この独自性には驚きました☆

実は私も麻婆豆腐を掛け合わせたカレーを作ったことがあったのですが、プロの味はさすが! さらにオムレツがトッピングされていて斬新でした。

麻婆豆腐をカレーにかけ合わせるとは、さすが中華圏だなと感心させられました☆


まとめ

ココイチについて書こうとするととても1記事では書ききれないほどのコンテンツなので今回はここで締めさせてもらいます 😅

ココイチのメニューは店舗がある地域によって独自のメニューがあるそうなので(名古屋だ中区矢場町店の赤味噌カレーなど)

それもまた一つの楽しみになりますよね!

私のココイチのオーダー記録も参考になれば幸いです☆

CoCo壱番屋公式サイト:https://www.ichibanya.co.jp/

 

ABOUT THE AUTHOR

macoo777
有機野菜農家 スパイス・カレー農業ブロガー、猫愛好家。

大学卒業後、社会人としては主に販売職を経験し、有機農業の良さを知り「有機農業の町」として有名な埼玉県比企郡小川町の隣の埼玉県比企郡嵐山町にて有機野菜農家として新規就農。

屋号を「ふらっと農産」と命名し

埼玉県の片隅で個人でたった一人でフラフラっと農業をやっております。

いわゆる「しょぼい起業」の一種です。

過度には考えすぎず人には押し付けず

「楽しく!気楽に!偏らずに!」健康に気を使い、食を考え追求して行くこと」がモットー。

意識真ん中な人間です。

ベトナムが好きで、日越友好の架け橋を目指す。
Follow :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Subscribe / Share