カレー好き必見★ ベトナムではカレーの知名度が低い!なので、日本では人気があるカレーを広めたいと思ったこと

カレー好き必見★ ベトナムではカレーの知名度が低い!なので、日本では人気があるカレーを広めたいと思ったこと

ベトナムでのカレーは発展途上

親日の国と呼ばれるベトナムでも、未だにカレーの知名度は低いと思います。

ちなみに、その知名度の低いカレーとは日本での一般的なカレーのことです。

以前こちらの記事にも書きましたが、日本のカレーとは肉、ニンジン、じゃがいも、玉ねぎがゴロゴロ入っていて小麦粉等が使用されたとろみの強いスープのカレーでして、

欧洲カレーを旧日本海軍が兵隊食として採用したことにより生まれた、海軍カレーがベースとなっています。

ベトナムの義理の両親にカレーを振る舞った話

ベトナムの義理の両親が以前私の家に滞在していた時に、カレーを振る舞ったことがありました。

両親が食している時に決っして不味いというような反応はなく、物珍しく不思議なものを見るような目で食してはいましたが、

一応完食され、美味しいというお褒めの言葉は頂けました。

義理の両親はベトナムのフエ市の生まれであり、フエ市の繁華街に住む都会人ですので、

ベトナム国内でもそれなりに国内海外含め様々な種類の料理や食べ物が、流通している場所に住んでいるかとは思います。

ベトナムでなぜあまり日本のカレーが普及していないのかと考えてみると

ベトナムでなぜあまり日本のカレーが普及していないのかと考えてみると、

それは、

単純にベトナム料理が美味しいからだと考えます😋

、、、、、、というのは個人の主観になりますが 笑

ベトナム料理の種類は100種類を超え、なおかつ米を炊いて食するというよりは

米を「フォー」と呼ばれる麺に加工して調理して食する習慣が大きいので、

カレーを米の飯にかけて食べる「カレーライス」式の日本のカレー文化は馴染み辛いのでしょう。

そして、「ヌクマム」という魚醤がほとんどのベトナム料理で使われていることから、

インド近辺発の多種類のスパイスの調合の食文化」は馴染まれ辛いのかもしれません。

 

ただしマイナーながらも「ベトナムカレー」というものもある!

日本式のカレーはもとより、カレーの文化はあまり馴染まれていないベトナムでも、

実は「ベトナムカレー」というものがあります。

新宿のベトナム料理店「ハノイ」のカレー

それはまるでタイカレーのような感じのものなのです。

なぜなら、私が調べた限りではタイカレーのようにココナッツミルクが多量に使用され、

レモングラスエシャロット、タイの魚醤であるナンプラーがタイカレーに使用されているように

ベトナムカレーでもレモングラスやエシャロット、ベトナムの魚醤であるヌクマムが使用されていることがわかりました。

ちなみに、ナンプラーとヌクマムはほぼ同じものです。

私が二つの味を比べてみた感じでは同じ魚醤でも、ヌクマムの方がナンプラーよりも濃い感じがします。

べトナムカレーは場合によってはライスではなく、フランスパンと共に食べられるそうです。

おそらく、フランスパンと共に食べるベトナムシチューの食べ方と似ているという点、共通点なのでしょう。

ベトナムのシチュー

あるベトナムカレーのレシピで作った自作のカレー

あるベトナムカレーのレシピで作った自作のカレー2

 

まとめ:「カレー」はやっぱりグローバルなんです☆

このように、あまりカレーの知名度のないベトナムのような国でも、カレーのレシピが存在していることから、

大航海時代に「大英帝国」と呼ばれ世界の海上覇権を握っていたイギリスが、

植民地化していたインドのスパイスを用いた煮込み料理を持ち帰り、自国で広めたことにより世界に広まったとされるカレー。

そのカレーはやっぱりそれなりにグローバルな料理なんだと言えます☆

カレーの先進国の一つである、我ら日本の国民はカレーを心から愛するのであれば、

もっともっとカレーのことについて知らない人の多い国に対して、伝え広めて行くことが使命なのではないかなーと考えます☆

そして私個人は逆に、このベトナムのカレーを日本で広めて行きたいと思います☆

ベトナム料理の名店 バインセオサイゴンのレトルトカレー

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Subscribe / Share